楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

宿泊施設タイプ別施設数の推移

厚生労働省が毎年発表する「衛生行政報告例」で、平成28年度末、すなわち今年2017年3月末現在のホテル営業、旅館営業、簡易宿所営業の施設数とホテル営業、旅館営業の客室数が発表された。それによれば、ホテルが初めて1万軒を超える一方、減少を続ける旅館は初めて4万軒を割った。

そしてゲストハウス、民宿など簡易宿所の最近3年の増加が著しく、00年には4万2千軒あった旅館数との差が1万軒に短縮して、3万軒目前である。

都道府県別に10年前の07年3月末と比較してみると、当時、宿泊施設3タイプの軒数で簡易宿所が最も多かったのは長野県、愛媛県のわずか2県であった。それが今年は青森、山梨、京都、鳥取、香川、高知、長崎、宮崎、鹿児島、沖縄が加わって12府県に増加している。簡易宿所は10年間で約7千軒増加しているが、沖縄県の2千軒増、京都府の1300軒増が群を抜いており、この2府県で全国増加数の半数近くを占めている…

(佐藤陸雄=観光研究者)

(トラベルニュースat 2017年12月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ