楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

講釈師が語る一休さんの四 てい髪し「周建」と名乗る

その安国寺の像外和尚は顎に白いやぎのような髭を生やし「千菊丸と申すのか?」「はい、和尚様」「其方の母君からくれぐれも頼むと言われておるからな、まずは頭を剃ろうかの」シャリシャリと髪を落とします「どうじゃ、髪がなくなった気持ちは」「はい、おつむりが風邪を引きそうです」「ははは、面白いことを言う、小増じゃ、まずは寺に入れば、名前を代えなければならん、仏に仕える身であるからな、千菊丸では幼すぎるからな、ではその方はこれから、周建と名乗るのじゃ、よいか、分かったな」「はい和尚様」「よし!これからは修業に励むのじゃ」と、これから新たな生活が始まりました。

ある晩のこと、像外和尚が「これこれ、周建」「はい、和尚様」「今気が付いたんじゃが、本堂の中のお灯明を消すのを忘れてしまった、すまないが、周建行って消してくれんかの」「はい、承知いたしました」。

周建は本堂にやってくると、なるほど、仏前のお灯明が消し忘れてありましたから、ぴょんと飛び上がって、口でぷうと吹き消して、そのまま戻ってまいりました。

「和尚様確かに消してまいりました」「おぉそうか、それはご苦労であった。で、周建どのように消してきたのじゃ」…

(旭堂南龍=講談師)

(トラベルニュースat 2020年5月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ