楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「奈々福、独演」 ヨッ!日本一! 観客力の掛け声で盛り上がる浪曲界のジャンヌダルク

玉川奈々福さんの名前を知らないようじゃあ、世間ずれもはなはだしい。

あの浪曲界のジャンヌダルクというべき女傑。公演のチケットは瞬殺で売り切れる。一度聞くとはまって常連になる人の多いこと。僕の知り合いもファンクラブに入会している人が2、3人ではきかない。アイドル相手じゃあるまいし、50、60のおっさんがはまりまくるのだから、大したエネルギーなのである。

その奈々福さんの浪曲独演会のチケットをやっと入手できた。題して、「奈々福、独演〜浪曲師、銀座でうなる、銀座がうなる」。

なんとまあ、ギンザシックスにある観世能楽堂での公演である。下町文化の銀座のど真ん中進出ということで、奈々福師匠の熱演も、これまで以上の盛り上がりだったとのことである。

今回の演目は二席。最初のは「清水次郎長伝より お民の度胸」、二席目は「仙台の鬼夫婦」。どちらも、浪曲には珍しく、女性が主役。

奈々福師匠のボリュームたっぷりの声で、女主人公が啖呵を切る。その鮮やかさが、師匠の生き方と重なって、臨場感たっぷり、思わず聞き惚れてしまう。

一席目の石松をいさめる次郎長の恩人、七五郎の女房の世話焼きの啖呵、二席目のダメ夫を一流の剣術家に仕立てるお貞の鬼のようにきっぱりとして優しい啖呵…

(松坂健=跡見学園女子大学観光コミュニティ学部教授)

(トラベルニュースat 2019年2月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ