楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

合理的配慮とLGBTQ

国会会議場において、性的マイノリティをめぐる議論が活発になっているのを見ながら、いよいよ日本も遅れていた法制化に向けて動き出すのか?と思いきや、G7広島サミットを目前に控えているからだと分かりました。

G7加盟国として唯一性的マイノリティの差別禁止や同性婚などの法制化が実現してない議長国日本は、どのような責任ある発言が飛び出すのか非常に興味あるところです。

社会が大きく変化しようとしている中、「多様性」という言葉だけが独り歩きしているのも気になります。教育現場環境や職場環境においても、まだ目の覚めるような配慮は見当たりません。

例えば教育の現場での配慮について考えてみると、トイレや更衣室など施設の改善は、まだほとんど準備されていないようです。仮に当事者が誰かに相談したいと思っても、教育現場には専門の相談員すら在籍していないことが現状のようです。

2016年に障害者差別解消法が施行されて以降、合理的配慮の提供については、まず本人からの意思表明が必要ですが、ここにもハードルの高い障壁があるようです。それは、障害者手帳等や性別違和、性同一性障害に対する医師の診断書の提示を求めるところが多いようです。

仮に診断書の提示が必要なのだとすれば、ここでの当事者の困難は、当事者が抱える個人の問題だけではなく、社会のしくみにも原因があり「障害の社会モデル」として捉えるべきなのでしょう…

(喜山光子=公益財団法人日本ケアフィット共育機構)

(トラベルニュースat 2023年4月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ