楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

昭和50年代のレジャー産業

1960年代の半ばに、那須ビューホテルを中心に高級旅館が集まって、ロイヤルチェーンというボランタリーチェーンを作りました。TMCの池田誠治、エイエイピー・旅研の土屋金康さんが顧問で、事務局は当初TMCのデスクを貸し、事務員は女性一人でした。

レジャー産業研究所を設立した横溝博さんが、同チェーン会員の経営者層を対象に講演して、後日「池田さんや土屋さんがいたから緊張したよ」と言っていました。ロイヤルチェーンは、会員旅館の社員研修ハワイ旅行、共通割引利用券発行などを実行していましたが、10年前後で解散したと記憶しています。

ボウリングが真っ盛りで、レジャーという言葉が躍り、大企業がレジャーに関心を示し始めた1970年(昭和45年)。大阪万博の年で、5年後には沖縄海洋博が決定しています。そこで上場企業を主対象に「昭和50年のレジャー産業研究会」のタイトルで5―6回にわたるシリーズ物セミナー開催を思い立ちました。イベント、海外旅行、屋内外レジャー、飲食産業などのカテゴリー別事例研究(沖縄海洋博、常磐ハワイアンセンター、後楽園、オリエンタルランド構想、トーヨーボール、ロイヤル等)を中心に、シリーズセミナーの内容を整えました。

セミナーのチラシを印刷し、封筒と一緒に家に持ち帰って、妻と二人で宛名書き、封入、糊付けです。会社年鑑を買って、企業の「関連事業部」宛てに郵送しました…

(佐藤陸雄=元リーコ代表取締役)

(トラベルニュースat 2020年11月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ