楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

高級和風旅館の時代

昭和最後・平成最初の1989年までの10年間、温泉観光地旅館の宿泊客売上構造が様変わりしている。

TMC時代最後のアンケート調査によれば89年の「宿泊客売上に占める宿泊料売上(1泊2食付)の割合60%以上」の旅館が81%にのぼっているが、10年前の79年(昭和54年)は、それがわずか25%であった。当時は「宿泊料」と「その他売上」を半々にという目標設定の旅館が多かったが、その後客室、大浴場(特に女子用)、露天風呂、コンベンションホール(朝食会場兼)、中小宴会場、料亭、ロビーと、旅館の設備投資が1泊2食宿泊料に対応する部分に集中されてきたことが、その変化の原因の第一。第二は、サービス料15%を10%に変更した旅館が多く、その結果サービス料が減少して宿泊料が増加したこと。加賀屋の新館・能登渚亭をはじめ、山代・百万石梅鉢亭、稲取・銀水荘、舘山寺・九重、長島・花水木、秋保・佐勘など高級和風新館ブームである。

93年の国際観光施設協会創立40周年記念出版図書「最近10年の観光界と21世紀への展望」に、「最近10年の旅館」のテーマで、これらを含み11ページ執筆した。

1993年は結婚25年目。ナイアガラ瀑布に行きたかったので、5月1日の遊覧船運航初日に合わせたGWに、2人の娘と家族4人での唯一の海外旅行が、カナダへの銀婚記念旅行。トロント、バンフ、バンクーバーに各2泊した。

94―95年に日観協(日本観光協会)を通して、千葉県観光協会の「千葉県の宿泊施設に関する観光診断調査」を行った…

(佐藤陸雄=元リーコ代表取締役)

(トラベルニュースat 2023年3月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ