楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

大阪で国際観光映像祭 和歌山大と摂南大が3月開催

19/01/25

世界・日本の観光映像を表彰する「日本国際観光映像祭」が3月13―14日、初開催される。観光が世界的に存在感を高めるなか、誘客ツールとして今後の発展が期待される観光映像について考え、その未来を展望する。

和歌山大学国際観光学研究センターと摂南大学が実行委員会を組織して開催。観光映像を通して、今後どのような映像を発信していくべきかを考える場として設けた。日本での国際観光映像祭としては初めてで、ポルトガルの老舗国際映像祭などとも連携している。

国際部門と日本部門の2部門で表彰。国際部門は世界の観光映像が対象でグランプリもここから選ぶ。日本部門は一般から観光映像の推薦を募り、その多寡によって映像の権利者に同祭への応募を依頼する。権利者自ら応募することも可能。日本部門としてのグランプリも選出する。

また、推薦の多かった映像は、世界の観光映像祭への応募をサポート。日本の観光映像を世界へ発信する支援も同祭の役割のひとつに掲げている。

当日は映像の上映、授賞式のほか、シンポジウムも予定。会場は大阪市北区の大阪工業大学梅田キャンパス。時間は10―18時。詳しくは公式サイト(http://k-labo.world/jwtff_jp/)へ。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
麒麟をめぐる戦国観光の地・岐阜

戦国武将、明智光秀を描く「麒麟がくる」が2020年のNHK大河ドラマに決まり、光秀が生まれ...

緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ