楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

群馬プレDC(4-6月) 草津温泉の宿泊は11・5%増と好調

19/09/18

群馬県は9月17日、4-6月に実施した、「群馬プレDC(デスティネーション・キャンペーン)」の実績を発表した。

期間中の県内観光入込客数は前年比4・8%増の1650万人だった。主な温泉地の宿泊客数は、9・4%増の126万人だった。

このうち、プレDC特別企画として西の河原露天風呂「混浴」イベント、湯もみ特別体験などを実施した草津温泉は11・5%増の54万7千人と特に好調だった。

県では群馬プレDCについて、〇新たなツアー企画は、高評価をいただくものが多かったが、本番DCに向け、さらなるコンテンツの充実が必要〇成果が上がらなかった観光素材を見直し、訴求すべきターゲットの明確化が必要。WEB、SNS、メディア等、多様な媒体による情報発信が必要-などと、振り返り、来年の本番に向け準備を進める。

群馬県とJRグループは2020年4-6月に、「群馬DC」を行う。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
京都丹後で麒麟と冬の味覚に出会う

来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀の娘、玉(のちの細川ガラシャ)ゆ...

巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ