楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

海の京都DMO 来年は「麒麟がくる」前面に誘客

19/11/18

海の京都DMOは11月18日、東京・八重洲のイベントホールで、観光説明会を開いた。

説明会冒頭にあいさつした京都府の舟本副知事

京都府と京都北部の7市町(福知山市、舞鶴市、綾部市、宮津市、京丹後市、伊根町、与謝野町)で構成する海の京都DMO。来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公で、戦国時代の武将、明智光秀が築いた城下町、福知山の観光情報を中心に紹介した。

福知山市の大橋一夫市長は、「当市には1579年に光秀が築いた福知山城があります。天守は後日復元したものですが、野面積み(のづらづみ)の石垣は光秀時代のものです。大河ドラマを機に、福知山城をしっかり売り出したい」と、集まったメディアに向かって協力を求めた。

福知山市には、2020年1月11日に、「光秀ミュージアム」が開館する。光秀の書状や肖像画などを展示する。市内には、光秀を祀る御霊神社がある。

大橋市長は、「光秀は善政を敷き、良君として領民に慕われました。ドラマの放映を機に、光秀の良くないイメージを払しょくしたい」と意気込んだ。

そのほか説明会では、西日本最大級の道の駅「丹後王国食のみやこ」が紹介された。

第2部の交流会では、丹後王国が生産するクラフトビールやソーセージのほか、丹後ばらずしや地元産の地酒、これからの季節、海の京都で食べられる間人(たいざ)ガニ、伊根ブリのしゃぶしゃぶなどを試食、試飲した。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ