楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

アドベンチャーワールド、「ゾウの森」が12月1日にオープン

19/12/02

アドベンチャーワールド(和歌山県白浜町)は12月1日、アジアゾウのエリアがリニューアルオープンした。エリアネームは「ゾウの森」、 コンセプトを「リアルライブ図鑑 ~学び・体験・発見する場所~」。来場者にゾウの魅力をふんだんに紹介する。

ゾウの森

アジアゾウ本来の行動を観察できるように施設には様々な工夫があある。 ゾウたちの水遊びを楽しめる水深2メートルのプールや、 ゾウの体を間近に観察出来るスリットビュー(壁の小窓)、 運動場はゾウが自由に歩き、 遊べるよう植樹間隔を広く取り、 土の小山を用意した。 ゾウの暮らしや行動をエリアの様々な場所・角度から見れる。

「ゾウの森では、 アジアゾウの生態や取り巻く環境を観察・体験いただくことで、 動物や自然に寄り添い、 持続可能な地球のために、 私達ひとりひとりが、 未来へアクションを起こすきっかけとなるエリアを目指す」と同パーク。

ゾウの森2

「ゾウの森」について

■エリア名称:『ゾウの森』
■オープン日:2019年12月1日(日)
■アジアゾウ公開時間:午前10時00分~午後5時00分
■面 積  :運動場陸地 1,135平方メートル
プール72平方メートル

エリアのポイント

ゾウがいきいき・のびのびと暮らすために 運動場内では自由に砂浴びや水浴びができ、 岩組は体が痒いときにかけるよう工夫している。

ゾウたちが楽しむアトラクション

プール
運動場にはゾウたちが泳げるプールを設置。 大きな体でゆっくりと泳ぐ、 ゾウたちが見れる。 (水深:約2m 水量:150t)   

高見台
運動場プールの近くには約2.5メートルの高見台があり、 ゾウの森を一望できる。

スリットビュー
ゾウの姿が3つの窓から間近で見れる。 また給餌口もあり、 今後はゾウにおやつをプレゼントできるフィーディングのアトラクションも実施予定。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ