楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「私大ネット36」2020年春南三陸スタディツアーの参加学生を募集開始

19/12/24

大正大学は12月24日、事務担当校を務める東北再生「私大ネット36(さんりく)」の、2020年 春 南三陸スタディツアー プログラムが決定したと発表した。

私大ネット36は東北の復興を教育的視点から支援するという目的で、宮城県南三陸町をフィールドとして大学生を対象にプログラムを展開。前半は被災者の体験やリアルな声を風化させぬよう五感を使い「被災地の今」を体感するプログラム、後半は当時に思いを馳せ、疑似体験することで自身の「生き方」「働き方」を見つめなおし、仲間と協力し合うことで、新たな「価値観」を見つけるきっかけとなるプログラムを実施する。

ポイントを紹介

① 東北の復興を教育的視点から支援するという目的で、宮城県南三陸町をフィールドとしたプログラムを展開

② 震災から9年経つ南三陸の「今」と、これからの「自分」を見つめ、見つめ直す内容

③ 加盟校の大学教員が、専門分野や南三陸の資源を活かしたスタディツアープログラムを企画・展開

プログラムのラインアップ

■Act1 2020年3月1日(日)~4日(水)引率:小野 広明(埼玉工業大学人間社会学部心理学科教授)

Day1 被災地視察(南三陸町内)、講話

Day2 大川小学校視察、被災地を歩く

Day3 公営住宅でお茶会、気仙沼視察

Day4 まとめ・発表

■Act2 2020年3月5日(木)~8日(日)引率:山中 昌幸(大正大学地域構想研究所 専任講師)

Day1 被災地視察(南三陸町内)、講話

Day2 サバイバルキャンプ

Day3 マインドフルネス、NLP(心理学)

Day4 まとめ・発表

【詳細ページURL: http://shidai-net36.jp/recruitment.html

※申し込みは加盟大学の担当窓口。※ 上記HPに記載の参加費は大学によって異なる場合がある。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ