楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

安来駅どじょうすくい出迎え隊が観光振興アワード受賞/島根

20/03/05

雨の日も雪の日も毎日曜日、島根県安来市のJR安来駅で乗客を出迎える「安来駅どじょうすくい出迎え隊」が2月19日、中国地方観光振興アワードを受賞した。

同アワードは、中国運輸局が観光振興の功績が顕著な団体、個人を2014年から毎年表彰。安来駅どじょうすくい出迎え隊は令和になって初めての栄誉に輝いた。

出迎え隊は、18年2月に市内の観光従事者2人の取り組みからスタート。安来節・どじょうすくいの衣装をまとい、どじょう掬い踊りで駅乗降客らを出迎え見送ってきた。

以来、毎週日曜日午前に1日も欠かさずボランティアで活動。賛同者も増え、現在では3歳から60代まで約20人で観光客をもてなしている。

19日、安来駅に隣接する観光交流プラザで行われた授与式で、中国運輸局の土肥豊局長は「山陰を代表する観光施設の足立美術館を抱える安来にふさわしいおもてなしだ」と評価。

出迎え隊隊長で、さぎの湯温泉・夢ランドしらさぎ総支配人の上田信也さんは「旅行者へ喜びのと旅の安全、地域情報の発信を心がけ、活動を続けていきます」と話していた。

安来駅どじょうすくい出迎え隊

上田隊長をセンターに関係者で受賞の記念撮影

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ