楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

古関裕而記念館が6月1日から再開 エールも再放送決まる

20/06/02

NHK連続テレビ小説「エール」の主人公、作曲家の古関裕而の業績を紹介する、古関裕而記念館(福島市)が6月1日から、段階的に営業を再開した。

福島市古関裕而記念館

6月1-9日までは福島市民、10-18日は福島県民に来館者を限定し、6月19日以降は全国に広げる。

感染症拡大防止策として、同時に入館できる人数を20人までに制限するほか、7月末までは10人以上の団体の受け入れと、館内のガイドも停止する。

コロナウイルス感染拡大に伴い、新たな撮影ができないことで、NHKは6月29日からエールを第1回から再放送することを決めている。ドラマの舞台が再び福島に戻ることについて、館長の村上敏通さんは、「全国の視聴者の反応は気がかりですが、もう一度、ドラマが福島に戻ってくるのはありがたいです」と話す。

ただ、8月以降も当面、2階の展示コーナーの入場は10人までに制限する。「広くない展示会場ですので、安全第一にご理解ください」と村上さん。

8月以降のバス旅行など、旅行会社への営業を始めているが、10人ずつの案内になるため、記念館の滞在時間を多めに取るようお願いしているという。

館内には、NHKラジオ・ドラマ「鐘の鳴る丘」や「君の名は」などで、古関裕而が使用したハモンドオルガンや、作曲に使っていた書斎を再現した部屋などが展示されている。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ