楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

新しい時代への挑戦 2年ぶりにツーリズムEXPO(1) 観光復活の足がかりに

ツーリズムEXPOジャパン(TEJ)2022(主催・日本旅行業協会、日本観光振興協会、日本政府観光局)が9月22-25日、東京・有明の東京ビッグサイトで開かれ、世界78カ国・地域から1018の企業・団体が出展した。インバウンド、アウトバウンド双方でセラー626人、バイヤー554人による合計5114件の商談が行われたほか、展示会は一般公開日だった24、25日の2日間を中心に12万4074人が来場した。来年のツーリズムEXPOジャパン2023は10月26-29日に、4年ぶりに大阪市のインテックス大阪で開催される。

2日間で12万人超が来場 観光需要回復へ狼煙

「新しい時代へのチャレンジ~ReStart~」をテーマに掲げたTEJは今回が8回目。東京開催は4年ぶり、コロナ禍で2年ぶり。

恒例となった初日の観光大臣会合では7カ国の観光大臣・副大臣および国際観光機関の4団体のトップが出席し「観光による気候変動への挑戦」をテーマに議論が交わされた。

世界から136の国・地域が参加し、来場者数が20万人を超えるなど過去最大規模の開催となった2018年の東京大会に比べ、コロナ禍や水際対策の影響で規模は縮小を余儀なくされ、来場者数も主催者側が見込んでいた15万人を大幅に下回るなど、旅行を取り巻く環境は依然として厳しい。

9月22日の開会式で主催者を代表し日本観光振興協会の山西健一郎会長は「コロナ禍の2年半、ツーリズムも中止や延期を余儀なくされました。昨今のインバウンドの状況は、政府が9月7日から入国者の上限を1日5万人に拡大し、10月以降、早い時期にさらに上限の撤廃、短期滞在ビザの免除、個人旅行の再開を調整していると聞いています。国内旅行では全国旅行支援が秋に開催されます。このタイミングのツーリズムEXPOで観光需要回復に向け狼煙をあげたい。新しい旅のカタチを世界に発信し、観光復活の足がかりにしたい。一般来場者には数年間体感できなかった旅の素晴らしさ実感してほしい」と期待を示した。

ツーリズムEXPO

コロナ禍からの旅行需要回復を期して
開会式でテープカット

(トラベルニュースat 2022年10月10日号)

(次の記事)新しい時代への挑戦 2年ぶりにツーリズムEXPO(2) 水際対策緩和発表に期待の声

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ