楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

足立美術館 12月1日から「愛の日本画」展

20/11/25

足立美術館(島根県安来市)は12月1日から、冬季特別展「愛の日本画 あふれる愛情、慈しむ心」を開く。日本画に描かれた愛をテーマに、男女の愛情、家族愛、友愛、動物へ向けた愛情など、様々な愛が感じられる作品を紹介する。2021年2月28日まで。

上村松園の大正期の作品「娘深雪」や川端龍子の「愛染」など、日本画31点を展示する。そのほか主な作品は竹内栖鳳の「慈母」、橋本関雪の「遅日」、横山大観の「虎溪三笑」、小林古径の「楊貴妃」、伊東深水の「ささやき」、鏑木清方の「春游」、富岡鉄斎の「群僊祝壽図」、村上華岳の「観世音菩薩 巌上拈花之像」など。

冬の横山大観コレクション展も併催している。

入館料は大人2300円など。同館は、今年開館50周年。アメリカの日本庭園専門誌で17年連続の日本一に選ばれている庭園でも知られている。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ