楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

Facebookが「祭り未来プロジェクト」、ウイズコロナの祭りを応援

20/12/02

今年、コロナウイルス感染症の拡大で、日本各地の多くの祭りが中止に追い込まれているなか、Facebook Japan(東京都港区)と祭りサポートの専門会社オマツリジャパン(東京都渋谷区)は12月1日、ウィズコロナ・アフターコロナ時代の新しい祭りのあり方を考える「祭り未来会議」をオンラインで開いた。

8都県から祭りの主催者など9人が参加した会議では、今夏オンラインで祭りを開催した東京の「中野駅前大盆踊り大会」や群馬県の「桐生八木節まつり」の主催者らが、デジタルツールの活用法など祭りのオンライン開催について意見を交わした。

このうちオンラインで桐生八木節まつりを開催した担当者は「オンライン配信で祭りの熱量を感じてもらえるかが不安でした。祭りの当日を迎えるまでを楽しみにしてもらうために、FacebookをはじめとするSNS上で事前に情報を発信し、参加者へのストーリーづくりを意識していました」などと紹介した。

オマツリジャパンの担当者は「祭りを長く続けていくために、これから自分たちがテクノロジーをどのように掛け合わせて活用することができるか」を課題にあげた。

Facebook Japanとオマツリジャパンは、祭りの主催関係者が集い、祭りの未来について考えるコミュニティをサポートするプロジェクト「祭り未来プロジェクト」を11月に立ち上げている。Facebookに祭りの主催者やファン、祭りを支えてきた企業などが集えるプライベートグループ「祭り未来会議」を設け、今後3年で1万人の参加を目指していく。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ