楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

スノ☆コミュ:八方尾根スキー場、12月15日から営業開始

20/12/14

長野県の八方尾根スキー場(白馬村)は12月15日、2020/21年シーズンの営業を開始する。中腹のパノラマコースがオープンする。

パノラマコースの様子(八方尾根スキー場のウェブサイトから)

コロナウイルス感染症の防止対策としてオンラインや無人機など非接触型リフト券売機を導入するほか、小雪対策としてゲレンデ下部に降雪機を増設する。

また、今シーズンから名木山エリアの麓にファミリーや初心者が安全に安心して楽しめる「なきやまスノーランド」を新設する。ネットで囲まれた雪遊びエリアのラビーパークとデビューリフトやゲレンデを用意する。12月19日から営業を始める。

ラビーパークの利用料は大人・子どもとも1000円。八方尾根スキー場の全山リフト券の購入者は追加料金なしで利用できる。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ