楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

スノ☆コミュ:八方尾根スキー場、12月15日から営業開始

20/12/14

長野県の八方尾根スキー場(白馬村)は12月15日、2020/21年シーズンの営業を開始する。中腹のパノラマコースがオープンする。

パノラマコースの様子(八方尾根スキー場のウェブサイトから)

コロナウイルス感染症の防止対策としてオンラインや無人機など非接触型リフト券売機を導入するほか、小雪対策としてゲレンデ下部に降雪機を増設する。

また、今シーズンから名木山エリアの麓にファミリーや初心者が安全に安心して楽しめる「なきやまスノーランド」を新設する。ネットで囲まれた雪遊びエリアのラビーパークとデビューリフトやゲレンデを用意する。12月19日から営業を始める。

ラビーパークの利用料は大人・子どもとも1000円。八方尾根スキー場の全山リフト券の購入者は追加料金なしで利用できる。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ