楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

せとうちDMO、瀬戸内エリア活性化へ読売新聞と連携

21/02/06

瀬戸内エリア7県の観光振興を行うせとうちDMOを構成する瀬戸内ブランドコーポレーション(SBC)は2月2日、読売新聞大阪本社と瀬戸内エリアの観光活性化に向けて包括連携協定を締結した。読売新聞の全国への販売網や地域での関係性を生かし、地域の持続的成長を目指す。

SBCは観光産業活性化や都市部での認知度向上を推進。読売新聞は全国紙としてのリソースを生かし、地産外商や観光誘客に取り組む。今後、両社連携でコロナの影響を見ながらプロジェクトを進めていく。

協定で進める共同プロジェクトは瀬戸内エリアのブランド力の向上や販路拡大、観光誘客、情報発信、活字文化の推進を通じた教育、生涯学習、専門人材育成、移住促進、企業への共同投資、瀬戸内エリアの活性化、持続可能な発展―などを掲げている。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽から始めるウィズコロナの旅

東京や関西などの緊急事態宣言が6月20日にようやく解除された。引き続き感染予防の徹底は求め...

スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ