楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

SDGs宣言

20/01/25

今年創刊50周年を迎える弊紙は、6400万人を超える入場者を数えた大阪万博が開かれた1970年(昭和45年)に産声をあげた。

創刊時から「観光業界のオピニオン紙」として旅行会社や旅館ホテル、ドライブイン、観光施設、観光行政のあるべき姿について多様な視点から提言するとともに、観光地や温泉地の最新情報を発信してきた。

「濃縮薬」との語源を持つ「タブロイド」(一般紙の半分の大きさ)という紙面にこだわり、観光業界の“濃い”情報を掲載する新聞を目指し、今日を迎えた。50年にわたって新聞の発行を続けてこられたのは、読者各位のご期待や激励に、誠実に応えてきたからだと自負している。

創刊50周年を機に、弊紙では世界共通目標であり、共通言語でもあるSDGs(エスディジーズ=持続可能な開発目標)の達成に貢献するとともに、SDGsがゴールに掲げる2030年はもちろん、次の50年に向けてオピニオン紙としてあり続けるための取り組みを力強く推進していくと宣言したい。

観光業界の専門新聞として、SDGsの取り組みや考えを持続的な観光産業の確立を視座に、広く業界に浸透させる取り組みにも力を入れていきたいと思っている。ぜひご理解をいただき、ご支援ご協力をお願いしたい。

(トラベルニュースat 20年1月25日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ