楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

桜えびの春漁始まる 静岡市由比港で水揚げ、市内では生食も

21/04/01

静岡県の駿河湾で3月30日、桜えびの春漁が行われ、翌31日、静岡市由比港には1・7トンが水揚げされ初せりが行われた。漁期は6月4日まで。

初漁で水揚げされた桜えび

桜えびは、世界中で駿河湾と台湾でしか獲れない貴重な水産資源。春と秋の年2回、漁が行われている。春漁の桜えびは富士山の雪解け水で育ち、実が大きく甘いのが特徴だという。

桜えび漁は夜に行われ、翌朝には新鮮な状態で出荷される。特に静岡市内では多くの飲食店で獲れたての生の桜えびが食べられる。

由比港漁業協同組合の宮原淳一組合長は「春漁の初日を迎えることができて、一安心です。駿河湾の宝石とも呼ばれる桜えびを、ぜひ皆様に食べていただきたいです。引き続き、資源管理と漁の両立を実現してまいります」とコメントしている。

同漁協では出漁する漁船の数や漁の時間を制限するなど、桜えびの資源管理に取り組んでいる。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ