楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「日本の〇〇」を探せ! 四国ツーリズム創造機構、NTTドコモとAI技術で「ジェネリック観光地」コンテスト

21/07/20

四国ツーリズム創造機構はNTTドコモと共同で8月2日から、画像から観光地の類似度をAIで判定する「『ジェネリック観光地』判定技術」を使った日本で初めての実証実験として「四国で出会える世界の有名スポットコンテスト」を開く。海外の有名なスポットに似た四国の観光スポットを発掘、「日本の〇〇」として四国観光のブランド化につなげる。

「ジェネリック観光地判定技術」は、NTTドコモのAI技術により世界遺産や絶景などの世界の有名スポットと日本各地のスポットの画像の似ている度合いを算出。「日本のウユニ塩湖」と呼ばれる香川県・父母ヶ浜のように、類似度が高ければ「ジェネリック観光地」として提示しようという取り組みだ。

コンテストでは海外の有名スポットに似た四国内の画像を募集。類似度が高かった上位作品を表彰し、全国に発信することで、「日本の〇〇」を四国の新たな魅力として確立させることを目指す。

募集期間は8月2日―12月31日。応募はhttps://shikoku-tourism.com/から。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽から始めるウィズコロナの旅

東京や関西などの緊急事態宣言が6月20日にようやく解除された。引き続き感染予防の徹底は求め...

スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ