楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

国交省 第1回まちづくりアワードに岐阜県飛騨市

22/06/01

国土交通省は5月31日、第1回「まちづくりアワード」の最高賞、国土交通大臣賞に飛騨市を選定したと発表した。

飛騨市では「地域の困りごとを交流資源にする」という発想の転換で、飛騨市民の困りごとと、それを手助けしたい飛騨市ファンのボランティアをマッチングするウェブサイト「ヒダスケ」を開設。ヒダスケを媒介に地域内外の交流や関係人口を増やしているほか、農作物出荷量の増加、人手不足への対応などで、地域コミュニティに貢献していることが評価された。

ヒダスケでみょうが畑が復活

ヒダスケは2020年4月に開設。ウェブサイトには参加者を求めるプログラム一覧がカレンダーと一緒に掲載され、これまでに7817人が飛騨市民の困りごと解決に参加している。

参加者には返礼として地元野菜や市内など1200以上の加盟店で使える電子地域通貨「さるぼぼコイン」が贈呈されている。

現在、ヒダスケには「みょうが畑の草取り・間引き体験」「五右衛門風呂の釜の炉作り」「飛騨コシヒカリの田植え体験」などの「手助け求む」情報が掲載されている。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ