楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

カフェ×ワークショップスペース―高野山に初の複合施設 一の橋観光センター、4月30日に「天風てらす」オープン/和歌山

23/03/27

一の橋観光センター(和歌山県高野町)は4月30日、高野山に新施設「天風てらす」をオープンする。カフェとワークショップスペース、名産品のセレクトショップからなる高野山初の複合施設。高野山の新たな観光拠点として期待される。

同施設は、高野山では主要スポットのみを訪れる人が多いことや繁忙期の食事・休憩スポットの少なさなどの課題を解決し、高野山の魅力をゆっくりと味わえるような場所を企図。建設にはクラウドファンディングを活用。和歌山県の「クラウドファンディング活用支援対象プロジェクト」、南海電鉄の「高野山観光魅力向上プロジェクト」に認定され、540万円超の資金を集めた。

施設内は、1階に大きなテラス席、高野山の名産品を集めたセレクトショップに、和歌山の風土や高野山の歴史を学べるワークショップを十酢するワークスペースを併設。2階は全席カフェで、高野山麓の野菜を使ったヴィーガンメニューや熊野牛をはじめ和歌山県の味わいを楽しめるメニューを提供する。

天風てらす

「天風てらす」の外観パース図

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ