楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

相次ぐ天災響き5年8カ月ぶりに前年割れ 9月の訪日外客数

日本政府観光局(JNTO)によると、9月の訪日外国人客数(推計値)は前年同月比5.3%減の216万人だった。これまで順調な伸びを積み重ねてきたが、2013年1月以来、5年8カ月ぶりの前年割れ。相次いで発生した天災はインバウンド市場に大きな影響をもたらした。

台風21号では関西国際空港が、北海道胆振東部地震では新千歳空港が閉鎖となるなど、空の玄関口に被害が出ては、訪日旅行はままならない。航空便の欠航、旅行のキャンセルが相次ぎ、それがそのまま数字に表れた格好だ。

特に、東アジア市場は関西や北海道を訪れる人が多いことが前年割れに直結。一方で、東南アジア、欧米豪市場は増加傾向を維持している。東アジア4市場と英国を除く15市場で9月単月の過去最高となった。

韓国は大阪が人気の観光地のため、関空閉鎖の影響を大きく受け、同13.9%減の48万人と3カ月連続の前年割れ。中国も航空便欠航が響き3.8%減の65万3千人と落ち込んだ。

JNTOは10月について、関西、北海道の観光復興キャンペーンの展開などを通して早期の需要回復を図りたいとしている。

今年ここまでの累計は同10.7%増の2346万9千人となった。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ