楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

6.5%増の288万人 6月の訪日外国人客数、中・欧米豪の好調続く

日本政府観光局(JNTO)によると、6月の訪日外国人客数(推計値)は前年同月比6・5%増の288万人だった。伸びはやや鈍化しているが2018年6月を17万5千人上回り、6月単月としての過去最高を更新した。

前年同月割れが続いていた韓国も含め東アジア全市場で前年を上回るなど好調。休日の日並びの悪さから東南アジアの一部市場でマイナスとなったが、欧米豪の好調も続いており、全体として堅調だった。

市場別では、中国が単月過去最高を更新。インドが単月として過去最高を記録。そのほか東アジアや欧米豪各市場を中心に16市場が6月単月の過去最高となった。東南・南アジアではタイやマレーシア、インドネシアで2ケタの減少となった一方、シンガポール、フィリピン、ベトナム、インドが2ケタの伸びとなるなど二極化した月になった。

韓国は同0・9%増の61万2千人と、久しぶりの増加。ただ、前年の大阪北部地震で減少した反動とみられ、依然状況は好転したとはいえない。

中国は15・7%増の88万1千人と2ケタ増が続く。航空座席供給量の増加や、1月から始まった個人査証の発給要件緩和の効果が大きい。

今年6月までの累計は同4・6%増の1663万4千人。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ