楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

日本政府観光局 日本の海水中フォトコンテストを実施

日本政府観光局(JNTO)は日本でのダイビングの魅力を発信するため「日本の海 水中フォトコンテスト2020」を行う。10月15-11月15日の1カ月、特設ウェブサイト(https://www.japan.travel/diving/jp/photo-contest2020/)で写真を募集する。

水中カメラマンの阿部秀樹さんと堀口和重さんが作品を審査し、優秀な作品にはダイビングコンピューターやヒートベスト、水中ストロボなどを進呈する。審査結果は2021年1月をメドにダイビングサイトで発表する。

インバウンド再開時の準備として取り組むもので、まだ世界に知られていない日本の海の魅力が伝わる画像を収集し、優秀な作品はウェブサイトなどで紹介する。

日本政府観光局の金子正志理事は「新たな日本の魅力としてダイビングツーリズムを世界に発信したい。そのための画像コンテンツを発掘・収集することもコンテストの目的の1つ。日本の海ならではの画像が集まることに期待しています」とコメントしている。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ