楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

農林中金 訪日時の食事調査、「いただきます」が印象に

農林中央金庫が実施した「訪日外国人からみた日本の『食』に関する調査」で、日本を訪れた外国人観光客が最も好んで食べる料理は「寿司」だった。調査は今年3月、アメリカ、イギリス、フランス、中国、韓国の男女1200人を対象に行った。

おいしかった料理はほとんどの国が寿司と回答したが、中国は「刺身」や「うなぎ・うな重」をあげた人が上回った。刺身は寿司同様に人気で、日本で食べた最もおいしかった食材に「生魚」をあげた回答が多かった。

自国で食べる日本食との比較では9割近くが「違った」「おいしい」と答えた。「盛り付けが美しい」「メニューが豊富」「バランスが良い」といった声も多く寄せられた。日本食が好きな理由は、味の好みと食材の新鮮さをあげる人が多かった。

日本滞在中の食事で印象に残ったことでは、約半数が「食前食後にあいさつする」をあげた。「健康に配慮する」「食器を持ち上げて食べる」「旬のものを食べる」といった食習慣や文化の違いも好意的に受け取られている。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ