楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

12月9限定!和歌山・龍神で1315mからの夕夜景&星空体験ツアーを開催、ベルトラ・ごまさん夕夜景語らい協議会

ベルトラはこのほど、ごまさん夕夜景語らい協議会(和歌山県田辺市)と連携し、和歌山県田辺市の龍神村から見える夕夜景と星空を観賞する「12月9日限定 夕夜景と星空観賞ツアー 標高1315mのごまさんスカイタワーからの絶景を堪能しよう!」を販売している。販売は1日限定で、大人1人5000円(USD34.96)。国内外の新たな観光客の発掘と共に、星空観賞では、コンパスや星座早見表、双眼鏡を用いるなど、本格的な夕夜景&星空観賞体験を提供する。

沈みゆく夕日が見られる(ごまさん夕夜景語らい協議会)

沈みゆく夕日が見られる(ごまさん夕夜景語らい協議会)

観光庁のインバウンドの地方誘客関連事業の一環

フォトコンテストは、観光庁が2023年度に行う「インバウンドの地方誘客や消費拡大に向けた観光コンテンツ造成支援事業」の一環として実施。地域では、ごまさん夕夜景語らい協議会が主体となり、滞在、消費の向上を目指した夜のテーマ型体験の開発に取り組んでいる。

紀伊半島の中心、標高1315mの夕夜景の名所から眺望

空に近い位置から星空観賞を堪能できる(ごまさん夕夜景語らい協議会)

空に近い位置から星空観賞を堪能できる(ごまさん夕夜景語らい協議会)

今回の舞台である護摩壇山(ごまさん)は、紀伊半島の中心で一番山深く高い場所に位置にある。日本屈指の星空スポットであり、夕陽も専門家から評判を得ている。朝には雲海、冬には樹雪も望める。ごまさんの頂近くには、道の駅ごまさんスカイタワー・展望台があり、標高1315mある展望台からは夕夜景が楽しめる。道の駅ごまさんスカイタワーの運営日は、毎年4~11月で、12~3月は冬季休業している。

道の駅ごまさんスカイタワー(ごまさん夕夜景語らい協議会)

道の駅ごまさんスカイタワー(ごまさん夕夜景語らい協議会)

和歌山県朝日夕日100選で2時間の空中散歩

同体験ツアーは、和歌山県朝日夕日100選に選出された、知る人ぞ知る絶景スポットである「ごまさんスカイタワー」の展望台から、360度の壮大な景色を眺望。通常は、11月末で展望台は冬季休業に入るが、体験ツアーでは特別に入場できる。所要時間は2時間で、星空ガイドが案内を行う。

360度パノラマビュー(ごまさん夕夜景語らい協議会)

360度パノラマビュー(ごまさん夕夜景語らい協議会)

当日は、午後4時に道の駅ごまさんスカイタワーに集合。受け付け後、ガイドとともに展望台に移動する。売店では、名物の「ごまごまソフト」など、特産品が購入できる。午後4時30分ごろから、夕日、星空の観賞を行う。解散予定時間は、午後6時。

名物のごまごまソフト(VELTRA Staff)

名物のごまごまソフト(VELTRA Staff)

「思い出作りに最適。家族や友人、恋人と一緒に参加してほしい」と関係者。

■日本語予約ページ

https://www.veltra.com/jp/japan/wakayama/a/182020

■英語予約ページ

https://www.veltra.com/en/asia/japan/wakayama/a/182251?cache=update

英語予約ページ

英語予約ページ

 

記事協力 ツーリズムメディアサービス(https://tms-media.jp/posts/17681/

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ