楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

宿の変革へ地域連携 観光庁、泊食分離などを支援

18/05/02

観光庁は4月19日、今年度の「宿泊施設の地域連携推進事業」を企画・実施する協議会の募集を始めた。各地の旅館組合や観光協会、温泉地などに協議会の設置、応募を呼びかけている。

地域経済のひとつの軸となる宿泊施設に経営の変革を促すことで、地域活性化につなげることが目的。具体的には、旅館ホテルの泊食分離や共同購買など地域連携の先駆的な取り組みを行う地域を支援しようというもの。事業後の自立に必要な経費の支援を行い、モデル事例の創出を目指す。

申請には、事業の主体となる協議会の設置が必要。旅館組合や観光協会、地域DMOのほか、温泉地の複数の旅館ホテル、飲食店などを想定している。旅館組合などで構成する場合も含め宿泊施設が5軒以上参加することも求めている。

事業の対象は泊食分離、共同購買、温泉施設の相互利用など。採択された協議会にはプロデューサーを派遣する。

採択は3―5件を予定しており、支援額は300万円が上限。

応募締め切りは5月9日12時必着。同庁観光産業課観光人材政策室へ送付する。

詳しくは同庁HPへ。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岡山美作三湯から令和の安らぎ

岡山県、ひいては山陽路を代表する湯のまち、美作三湯。岡山県北に位置する湯郷、湯原、奥津という...

栃木日光・鬼怒川で感じる四季の味わい

栃木県鬼怒川温泉―。世界遺産・日光のおひざ元、東京の奥座敷としてなじみの温泉地だが、西日本か...

静岡DCでパワーアップ旬の伊豆を行く

静岡デスティネーションキャンペーン(DC)が4月、開幕した。6月までの3カ月間、伊豆半島でも花火...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ