楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

Withコロナを生き抜く 日観振が6月19日にウェブシンポ

20/06/17

日本観光振興協会(山西健一郎会長)は、新型コロナウイルス感染拡大で観光産業が大打撃を受けたことを鑑み、6月19日、緊急ウェブシンポジウムを開く。テーマは「Withコロナを生き抜く地域と観光産業に向けて」。危機を乗り切るための観光地経営について考える。観光庁が後援。

山西会長のあいさつに続き、久保田理事長が概要を説明。山田雄一・日本交通公社観光政策研究部長主席研究員のコーディネートで、松田敏之・両備ホールディングス社長、植田佳宏・大歩危・祖谷いってみる会会長、清永治慶・佐渡観光交流機構専務理事、陳内裕樹・観光庁アドバイザリーボードメンバーが事例を発表する。コロナ後の観光業やDMOの役割などについての対談も。

時間は14―16時。オンライン会議システムZoomウェビナーを使って開催する。

参加は無料。申し込みはhttps://form.run/@withsymposiumへ。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ