楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

パンデミック後の観光 フィリピンでWTTCサミット

22/05/17

世界旅行ツーリズム協議会(WTTC)の第21回グローバルサミットが4月20―22日の3日間、フィリピンのマニラマリオットホテルを会場に開かれた。サミットがフィリピンで開催されるのは今回が初めて。観光再開に向けた協力強化で一致した。

サミットには世界のビジネスリーダー、政府閣僚、観光業界のディシジョンメーカーなど国内外の代表者が集まり、現地参加者の人数は当初見込みの600人を上回る1200人に上り、オンラインでも約1万人が参加した。

サミットはハイブリッド形式で、最新の旅行トレンド、持続可能な投資の展望、再生可能な観光、パンデミック時代のシームレスな旅行などをテーマに、パネルディスカッションが行われた。

フィリピン観光省は、日程を終え、無事閉幕したことを発表した。また、同サミットの開催に伴う新型コロナウイルス感染者の発生はなかった。

WTTCのジュリア・シンプソン会長兼CEOは「パンデミック後の障壁を取り除き、経済を開放し、健康データを活用しながらシームレスな旅行を実現するために、我々はまだやるべきことがある」とし、新型コロナウイルスという「喫緊の課題を対面で議論しコンセンサスを得ることの重要性を、目に見える形で証明した」と述べた。

フィリピンのベルナデット・ロムロ・プヤット観光大臣は「フィリピンは4月1日にすべての国から渡航者の受け入れを再開しており、今回グローバルイベントを成功裏に開催できたこと自体が成果といえる」としている。

WTTCサミット

シンプソンWTTC会長(左)、
プヤット観光大臣(中央)ら

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ