楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

観光庁、スポーツ庁、文化庁連携で2月3日に「スポーツ文化ツーリズムシンポジウム」 3長官がトークセッション

23/01/23

観光庁、スポーツ庁、文化庁は2月3日、東京都台東区の浅草橋ヒューリックホールで「第6回スポーツ文化ツーリズムシンポジウム」を開く。環境省を加えての4省庁連携セミナー」も同日開催。スポーツツーリズム、今後の観光のあり方を考える。

第1部がスポーツ文化ツーリズムシンポジウム。大阪体育大学の原田宗彦学長が「地方創生につながる持続可能なスポーツ文化ツーリズム」をテーマに基調講演を行い、室伏広治・スポーツ庁長官、都倉俊一・文化庁長官、和田浩一・観光庁長官の3庁長官がトークセッションに臨む。

また、このほど発表された「スポーツ文化ツーリズムアワード2022」の表彰式も行われる。

第2部の4省庁連携セミナーでは、「これからの観光のあり方」「サスティナブル・ツーリズムの定着化と実現に向けた地域課題」をテーマにパネルディスカッション。山下真輝・JTB総合研究所主席研究員がモデレーターを務め、相澤久美・みちのくトレイルクラブ事務局長・常務理事、小川美知・ワックジャパン社長、村中元・キタ・マネジメント事務局次長、河東英宜・かまいしDMC代表が意見を交わす。

時間は13時から。参加は無料。参加申し込みはhttps://sports-culture-tourism2022.peatix.comから。オンライン視聴もある。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ