楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

LINE コロナのクラスター把握目的にユーザーアンケート

20/03/31

LINEは3月31日、1都3県の利用者を対象に行った「新型コロナの状況把握アンケート」の結果を発表した。

3月27-30日の期間、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の15歳以上のモニターを対象に、実行している感染予防策や現状の体調などを聞いた。16万人が回答した。

感染防止策では、手洗いや咳エチケットは、各年代とも8割を超える高い実施率だったが、「混雑している場所に行かない」は60代が8割、50代が7割と高かったのに対し、10代は6割、20代は5割と意識の差が見られた。

換気の悪い場所を避ける意識も、10代、20代は他の年代に比べ低かった。

体調については、「下痢がある」「味・においがしない」などの症状を聞いた。

アンケートは、厚生労働省が3月27日、新型コロナウイルス感染症のクラスター対策に資する情報の提供を民間に呼びかけたのを受けて行った。

LINEではエリアを全国に広げ、国内ユーザー8300万人を対象にした第1回「新型コロナ対策のための全国調査」を、今日3月31日に実施している。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ