楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

コロナ禍の影響続き98・8%減 KNT―CT、5月の旅行取扱

20/07/17

KNT―CTホールディングスの5月の旅行取扱総額は前年比98・8%減の6億400万円だった。月末に緊急事態宣言が解除されたものの新型コロナウイルス禍の影響が依然として続いている。

国内旅行は同99・3%減の2億900万円。団体旅行は新型コロナの感染拡大による自粛要請ななどの影響で、一般団体が同94・7%減、学生団体が同99・9%減、全体では同98・4%減となった。企画旅行も同様に同99・9%減。

海外旅行は同99・2%減の1億2400万円。団体旅行は一般、学生ともにふるわず同97・4%減、企画旅行もほぼ取扱がないなどの打撃を受けた。

外国人旅行は売上がほぼなく、レイルパスの払い戻しなどがあり、5900万円のマイナスを計上。

なお、取扱額は近畿日本ツーリスト北海道、近畿日本ツーリスト東北、近畿日本ツーリスト関東、近畿日本ツーリスト首都圏、近畿日本ツーリスト中部、近畿日本ツーリスト関西、近畿日本ツーリスト中国四国、近畿日本ツーリスト九州、近畿日本ツーリストコーポレートビジネス、KNT―CTグローバルトラベル、KNT―CTウエブトラベル、クラブツーリズム、ユナイテッドツアーズ、KNT商事の合算。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ