楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

体験・ツアー商品販売のDXを支援 JTB、トリップアドバイザー・ボークンと提携で新事業

21/02/05

JTB(山北栄二郎社長)は2月3日、トリップアドバイザー(米国)のBókun(ボークン)事業部と提携して、地域での体験プログラム事業者やDMO、自治体の体験型商品の販売支援プラットフォーム事業を始めた。コロナ禍を受け、新時代の旅行業ビジネスとして推進する「ツーリズム・プラットフォーム(TPF)」構想の一環。販売管理システムを提供し事業者のデジタルトランスフォーメーションを支援、体験型商品の流通を促していく。

新事業名は「JTB BÓKUN」。ボークン事業部が世界の体験型商品事業者へ提供しているプラットフォームシステムのライセンスを受け、流通チャネルと販売管理、企画・商品化支援、予約・販売・決済など体験型商品の流通へ一元的にサービスを提供する。事業者側はシステムを利用することで、これまで経営リソース的に導入が難しかった品の販売・流通のデジタル化が容易になり、旅行者は商品やツアーを旅の直前まで予約購入することができるようになる。

JTBボークン

具体的には、OTAシステムとの接続や自社サイトでの予約・販売・決済、商品在庫の一元管理、マーケティング機能による企画・商品化支援などの機能を、事業者や観光協会・DMO、旅館ホテルなど業種に沿った形で使ってもらう。

JTBでは、体験型をはじめ国内旅行商品を集約、国内外への流通・販売を促進させるTPF構築を進めており、JTBボークンも構成機能のひとつ。昨年4月にはグッドフェローズJTBを設立し、チケット流通プラットフォームを先駆けて展開している。

今回の新事業について、事業説明会を2月10、17、24日に開く。詳しくはhttps://jtbbokun.jpへ。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ