楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

近畿日本ツーリストとクラブツーリズム、千葉県南房総市と包括連携協定締結 旅行商品造成など観光振興図る

22/06/20

近畿日本ツーリスト(髙浦雅彦社長)とクラブツーリズム(酒井博社長)は6月17日、千葉県南房総市(石井裕市長)と「観光振興及び地域活性化に関する包括連携協定」を締結した。地元の観光資源を生かして旅行商品を造成するなど地元の観光の魅力を発信。交流人口の増加、産業をはじめ地域の活性化につなげる。

両社とも同市とはこれまでも地域の宿泊施設団体との連携やツアーの造成などで協力関係にあり、親会社のKNT-CTホールディングスとしても地域との連携強化を重要施策に挙げていたことから今回の協定締結につながった。

連携協定では、観光・イベントを通じた交流人口の拡大▽産業・経済・文化・歴史・スポーツの振興▽地域の魅力発信・地域経済の活性化―などに取り組む。

具体的には、近畿日本ツーリストは着地型コンテンツを開発しツアーの造成。教育旅行やスポーツ合宿などの需要の取り込みを図る。

クラブツーリズムは市の資源を生かしたサイクリングやハイキングなどのアウトドアプラン、写真撮影や絵画などテーマ型旅行の企画・販売を行う。

同日、南房総市役所で締結式を実施。石井市長は「教育旅行やスポーツ合宿、ワーケーションなどの新しい旅行スタイル、SDGsや地域資源を生かした屋外体験活動など南房総の旅行に付加価値を加えられる商品造成にも取り組みながら、両社の協力をいただきながら、南房総地域の観光産業発展に寄与する取り組みを続けたい」、KNT-CTホールディングスの小山佳延専務は「南房総市は首都圏からの好立地かつ『何度でも訪れたくなる』コンテンツが豊富。インバウンドを含めた交流人口を増やしていくため観光振興にとどまらず地域創生の視点で当社の強みを生かし、連携を強化して取り組んでいきたい」とコメントした。

近畿日本ツーリストとクラブツーリズム、千葉県南房総市と包括連携協定締結

石井市長(左)と小山専務

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ