楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

JAL、米国KALITTA航空と貨物便コードシェア開始

19/08/05

日本航空(JAL)は1日、KALITTA航空(米国、ミシガン州、KALITTA)は1日、定期貨物便によるコードシェアを開始した。

KALITTA747-400F

KALITTA747-400F

KALITTAは747-400Fを中心に貨物専用機を33機保有し(8月現在)、安定した運航と高い安全品質で世界各国の荷主や航空会社にサービスを提供している。

JALはこれまで、既存の旅客便ネットワークに加え、特定の需要に応じて貨物専用機をチャーターする“エアラインチャーター制度”を活用し、貨物便スペースを提供してきた。

「KALITTAによる成田空港とシカゴオヘア空港を結ぶ定期貨物便運航の開始に伴いコードシェア契約を締結することで、活況を見せるアジア―北米間の航空貨物需要に対して、定期的な貨物便スペースの提供が実現できる」と同社。

運航スケジュール

運航スケジュール

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ