楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

歴代CAユニフォーム集結 大韓航空、創立50周年セレモニー

19/10/28

大韓航空は10月28日、今年創立50周年を迎えたことを記念した「創立50周年空港セレモニー」を羽田空港国際線旅客ターミナルで開催した。会場には、これまでの大韓航空の制服を着用した客室乗務員(CA)13人が参加(女性12人、男性1人)。歴代ユニフォーム11種類を元に歴史を紹介し、今後の飛躍を誓った。

100年目指しより良いサービス提供目指す

イベントでは冒頭、大韓航空の金正洙日本地域本部長が「羽田は特別な地として運航してきた。これから50年もより良いサービスを提供し、100年を迎えたい」とあいさつした。

金本部長

イベントでは客室乗務員らが歴代ユニフォームで登場するほか、イベント集合後にKE712便(羽田~金浦)に登場する客全員に記念品を贈呈した。

記念品

KE712便搭乗者ら

記念品の受け渡し

記念ケーキも

また、KE712便には歴代制服を着用した客室乗務員が機内でサービスを行った。

搭乗客からは「こんな特別な時に乗れてラッキーだ。現在の制服は、白を取り入れるなど上品で良いと思う」と声が上がった。

大韓航空歴代制服コレクション

1969年

1970~71年

1971~72年

1973~74年

1974~75年

1976~77年

1978~79年

1980~85年

1986~90年

1991年~2005年

2005年3月~

50周年を祝う客室乗務員

階段にて

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
兵庫但馬で冬の寒さに抗う熱さ感じて

新年明けて、トラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部の但馬地方にスポットを当てた。冬の味...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・京都府亀岡市編

明智光秀をめぐる物語は、いよいよ佳境に入っていく。京都府亀岡市は「本能寺の変」へ出陣した...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・岐阜県可児市編

戦国時代、斎藤道三が基礎を築き、織田信長が発展へと導いた現在の岐阜市。明智光秀はこの地で...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ