楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

べトジェットエア、名古屋・福岡・鹿児島とハノイ・ダナン・ホーチミン市を結ぶ5つの新路線開設

20/01/14

日本経済団体連合会の会員であるベトジェットエアは1月13日、ベトナム・ダナン市のフラマ国際会議場で、 日本における5つの新たな路線開設を発表した。発表会のセレモニーには、 1,000人以上の代表者、 国会議員、 政府、 日本企業が参加する日本とベトナムの観光促進のカンファレンスで行った。

発表式の様子

前に開催されたセレモニーには、 共産党政治局局員である副首相ヴォン・ディン・フエ氏、 日越友好議会議員連盟会長である二階俊博自民党幹事長、 ベトナムと日本の省庁、 関連機関のリーダー、 及び全国の都市のリーダーが出席した。

ベトナムと日本の文化、 経済、 政治の中心地を結ぶ路線の成功に続いて、 ハノイ、 ホーチミン市、 ダナンの各市と名古屋、 ハノイと福岡、 ハノイと鹿児島を結ぶ新たな5つの路線は、 2020年中に航空券販売および運航を開始予定だ。特に名古屋と福岡は日本で3番目と4番目に大きい都市であり、鹿児島市には多くのベトナム人が住んでいる。

べトジェットはハノイ、 ホーチミン市、 ダナン、 東京、 大阪、 名古屋、 福岡、 鹿児島を結ぶ合計10の路線を通して、 旅行者に経済的で利便性の高い渡航の選択肢を提供し続ける。また、 新たに開設される路線によっては、ベトナムと日本の広範な戦略的パートナーシップのさらなる強化を図り、 両国の人々の文化や経済の交流を促進し、 2020年に100万人の日本人訪問者をベトナムに迎え入れることを目指している。

べトジェットの日本への新路線の開設発表式は、 国会、 政府、 および日本企業の1,000人以上の代表が参加する公式活動のイベントの一つであり、 ダナンの政府機関、 国会、 ダナンにあるベトナムの企業コミュニティを訪問中の日越友好議会議員連盟会長である二階俊博自民党幹事長も参加した。

ベトジェットは現在、 東京(成田)–ハノイ/ ホーチミン市、 東京(羽田)–ダナン、 大阪–ハノイ/ ホーチミンの、 日本とベトナムを結ぶ5路線を運航している

ベトジェットホームページ: http://www.vietjetair.com/
Facebookページ: http://www.facebook.com/vietjetjapan/
Twitterアカウント: https://twitter.com/VietjetO/
YouTubeアカウント: http://www.youtube.com/user/vietjetvietnam

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ