楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

コロナ再拡大で年末年始利用は前年比32%に JR各社、新幹線・在来線特急の利用状況

21/01/07

JR各社は1月6日、年末年始期間(2020年12月25日―21年1月5日)の新幹線・在来線特急などの利用状況を発表した。利用人数は前年同期比32%の487万9千人。新型コロナウイルス感染再拡大を受け、帰省や旅行などを控える傾向が強まり、1991年度以降で利用者数は最少にまで落ち込んだ。

JR西日本は全体では同30%の104万4千人。山陽新幹線は同29%の63万5千人、北陸新幹線は同35%の13・0万人、在来線は同29%の27・9万人だった。

JR東海では全体が同32%、新幹線は同32%、在来線は同35%。

JR東日本では全体が同33%、新幹線は同34%、在来線は同30%。

JR九州では全体が同38・5%、九州新幹線博多―熊本間は同39・5%、長崎本線・日豊本線特急は同37・6%。

JR四国では、瀬戸大橋線が同34%、主要3線区が同33%。

JR北海道では主要4線区・特急が同31%。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ