楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

JR西日本、22年度に北陸エリアで観光型MaaSを導入へ 北陸新幹線敦賀延伸を見据え、今年度は実証実験

21/06/14

JR西日本は2022度、北陸エリアで観光型MaaSを導入する。23年度末に予定される北陸新幹線敦賀延伸を見据え、観光誘客の拡大を目指す。今年12月から実証実験を行い、本格導入へつなげていく。

観光型MaaSは旅の出発から目的地までの鉄道利用、現地でのバスやタクシー、レンタカー、レンタサイクル、観光素材をスマートフォンでシームレスに検索、予約、決済までを可能にし、旅行者の利便性を高める。今回の導入は富山県、石川県、福井県らでつくる北陸三県誘客促進連携協議会と日本旅行の協力を得て実施する。

実証実験は12月―2022年3月に実施。北陸3県でJR西日本の公式アプリ「WESTER」を活用してデジタルスタンプラリー「おでかけクエスト」を展開し、観光施設や公共交通の利用など「クエスト」達成で特典を付与、旅マエから旅アトまでの体験を支援する。

この結果をもとに予約決済機能を持つ観光型MaaS導入につなげる。本格導入は22年度下期を予定している。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽から始めるウィズコロナの旅

東京や関西などの緊急事態宣言が6月20日にようやく解除された。引き続き感染予防の徹底は求め...

スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ