楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

1月15日から「今からタイへ」キャンペーン 旅券に1つ目のスタンプで空港ラウンジ利用などの特典

24/01/16

タイ国政府観光庁(TAT)は1月15日から、「今からタイへ」キャンペーンを始めた。期間は5月15日まで。

期間中、タイ渡航時にパスポートのタイ入国スタンプが1つ目であれば、バンコクの2つの空港(スワンナプーム国際空港とドンムアン国際空港)のラウンジ利用やSIMカード、鉄道BTSのプリペイドカード、市内のマッサージ利用券を、4000人にプレゼントする。

新規発行パスポートのほか、既存のパスポートで他国の入国スタンプの押印があっても、タイ入国スタンプが1つ目であれば特典を受けられる。

TAT東京事務所のカジョンデート・アピチャートクラクン所長は「タイが初めての若い人にもっと来てほしい。パスポート取得の動機付けにもしたい」とキャンペーンの狙いを説明する。

カジョンデート・アピチャートクラクン東京事務所長

SIMカードは299バーツ分(1200円分)で、7日間使用できる。BTSのプリペイドカード「ラビットカード」は100バーツ分(400円分)。いずれも両空港の24時間開設の専用窓口で引き換える。

空港ラウンジはスワンナプーム国際空港では出国時に国際線出発ラウンジ、ドンムアン国際空港では国内線出発ラウンジが利用できる。普段はビジネスクラス利用客が利用するラウンジを、若い旅行者が体験できる機会を提供する。

マッサージはバンコク市内に31店舗ある「レッツリラックススパ」のいずれか1カ所で、1回1時間分を体験できる。

いずれの特典もパスポートを提示し利用する。両空港では2023年12月1日から入国スタンプが省略される入国審査自動ゲートが運用を開始している。特典を受けるには有人の入国審査を受け、スタンプを取得することが必要になる。

すべての特典を利用すると約1万6000円分相当になり、10年間有効のパスポート取得費用1万6000円と同額程度になる。キャンペーンはツアー客も対象で、TATでは旅行会社を通じた情報発信や、ツアー企画とのタイアップにも期待している。

2023年、日本からは80万3000人がタイを訪問したが、コロナ前の2019年の180万人と比較すると4割台の回復にとどまっている。TATでは2024年の全世界からのタイへの旅行者数をコロナ前の7割程度の3000万-3200万人、日本からは100万人を目標にしている。

TATではウェブサイトで「初めてのタイ旅行」などの旅行関連情報をウェブサイトで提供している。

日本からタイへは羽田、成田、札幌、名古屋、関空、福岡の6つの空港から、バンコクと一部チェンマイに直行便がある。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ