楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

歴代最大級の新造船 名門大洋フェリー「フェリーきょうと」就航

22/01/09

大阪南港と北九州・新門司港を結ぶ名門大洋フェリーが12月16日、新造船「フェリーきょうと」を就航させた。

新造船は総トン数約1万5000トンで全長195メートル、横幅27・8メートル。現行の「きょうとⅡ」よりひと回り大きく、同社の中では歴代最大級となる。旅客定員は675人に抑え、きょうとⅡより旅客1人あたり1・5倍とした。旅客に開放的な空間を提供している。

大部屋でカーペット敷きのいわゆる雑魚寝部屋は撤廃。割安なキャビンでもプライベートスペースを確保した独自のキャビンを設けて、コンフォート、ツーリストでは1人ひとり区切られたベッドスペースを設けた。

フェリーきょうと

一人ひとりに区切られたコンフォートルーム

また、高グレードのキャビンについてもスイート、デラックス、スーペリアの3タイプの個室を用意。スーペリアには専有スペースにシャワーとトイレも設置した。このほかにも展望レストランや展望ラウンジ、展望浴場など船上から景色を楽しめるパブリックスペースを充実させた。加えて、女性専用の化粧室にパウダールーム・授乳室を設けるなど女性にやさしい造りにしたほか、家族連れを意識したキッズルームも備えた。

フェリーきょうと

開放的なパブリックの展望ロビー

なお、旅客運賃・料金は通常期でツーリスト(2等洋室)で8530円。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

観光復活は四国一周しこくるりから徳島編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。最終回は徳島県の旅...

観光復活は四国一周しこくるりから香川編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第3回は香川県の旅...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ