楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

成田空港 6月の旅客数は2カ月連続で100万人超え

22/08/01

成田国際空港は7月28日、6月の空港利用状況を発表した。国内線、国際線を合わせた旅客数は前年比で4倍増の117万8870人だった。

旅客数は2カ月連続で100万人を超えた。国内線旅客数は前年に比べ3倍の48万7120人(201%増)と大幅に増加した。コロナ前の2019年比では8割程度だった。

国際線も前年に比べ5倍の69万1750人(404%増)と大幅に増加した。2019年比では3割台にとどまっている。

旅客の内訳を見ると日本人が前年比で約6倍の17万9202人だったのに対し、外国人は4倍弱の16万6094人と伸び率には開きがあった。

出入国の規制緩和で日本人の海外ビジネス渡航や観光渡航が増加したのに比べ、訪日旅行はビザ取得や添乗員付きツアーに限定されていることなどが伸び率に影響している。

航空機の発着回数は前年比37%増の1万3196回だった。このうち国内線旅客便は151%増の3770回で、2019年比では8割台。国際線旅客便は51%増の5325回で、2019年比では3割台の便数だった。

国際線貨物便の発着回数は12%減の3807回だった。欧米各国の旅行需要が回復していることで、臨時貨物便で使用されていた機材が旅客便利用に戻っている。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ