楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「有本料理長の賞味会」 ロイヤルパークホテル、11月22日に一夜限りの美食会開催

19/10/28

ロイヤルパークホテル(東京都中央区)は11月22日、 地下1階 中国料理「桂花苑」で、桂花苑の有本大作料理長による渾身のコース料理を一夜限りで提供する「有本料理長の賞味会」を開催する。また、 11月30日までの1か月限定で、「秋薫るカニとトリュフフェア」と題して、 カニとトリュフを中国料理と調和させたスペシャルメニューをコース料理とアラカルトで提供し、秋の味覚を届ける。

有本料理長の賞味会 コースメニュー

有本料理長「秋の賞味会」豪華で趣向を凝らしたコース料理で料理長がおもてなし

2017年4月より、 中国料理「桂花苑」の料理長を務める有本氏。 伝統的な中国料理の技法を重んじながら、 常に新鮮な感覚で変革を求め、 西洋料理や日本料理の素材や器を取り入れるなど新しい中国料理を追求し、 多彩なメニューを提供してきた。

今回の賞味会では、 カニを添えた料理長自慢のフカヒレの姿煮をはじめ、 トリュフソースで食べれる和牛ヒレ肉のロースト、 黒豆ソースで煮込んだロブスター、 アワビを合わせたイーフー麺など豪華な素材を丁寧に仕込み、 華やかに盛り付けた渾身のコース料理を用意した。

どれも趣向を凝らした料理長自慢の品々を、 テーブルを回りおもてなしをする有本料理長との会話とともに楽しめる。

有本料理長の賞味会 概要

日 時:2019年11月22日(金)18:30~
店 舗:地下1階 中国料理「桂花苑」
料 金:お一人様 ¥20,000
※料金にはサービス料(10%)、 消費税が含まれる。

11月限定!「秋薫るカニとトリュフフェア」風味豊かなカニとトリュフと中国料理のマリアージュ

秋薫るカニとトリュフフェア

秋の深まりに合わせて成熟度が増し芳醇な香りをより楽しめるトリュフをカニと合わせ、 料理長がおすすめする最高の調理方法で提供する「秋薫るカニとトリュフフェア」。

フカヒレの姿煮には、 ズワイガニの旨味とトリュフの香りが見事に調和したソースを合わせた。また、肉厚なタラバガニは大海老と合わせて海鮮の出汁を引き立てるXO醤煮込みで提供するほか、 ズワイガニとトリュフの炒飯など新しいマリアージュを楽しめる一品も用意した。

「晩秋に向けたこの時期に、 季節の素材の良さを生かした心温まる料理をぜひ堪能してほしい」と同社。

秋薫るカニとトリュフフェア 概要

期 間:2019年11月1日(金)~11月30日(土)
店 舗:地下1階 中国料理「桂花苑」
内 容:【ディナーコース】 ¥15,730(¥13,000)
【アラカルト料理】
フカヒレの姿煮 ズワイガニとトリュフのソース    ¥6,050(¥5,000)
タラバガニと大海老のXO醤煮込み ¥5,324(¥4,400)
蟹の卵と豚肉団子のスープ ¥1,936(¥1,600)
ズワイガニとトリュフの炒飯 ¥3,146(¥2,600)
ラ・フランス入り杏仁豆腐   ¥1,089(¥900)
※表示価格にはサービス料(10%)、 消費税が含まれる。 ( )内は本体価格です。

中国料理「桂花苑」について

桂花苑

シンプルなスペースに中国を感じさせるアートワークをコーディネートしたモダンで落ち着いた空間。

「食は広州にあり」といわれるほど、 奥が深く、 またバラエティに富む広東料理を中心に、 中国全域の代表的な料理を提供している。 魚介類と高度な技術が揃えばこそ創りだすことができる豊かな味わいを、 心ゆくまで楽しみたい。

中国料理「桂花苑」/席数:203席、 個室:10室(2~50名様)

「桂花苑」料理長 有本 大作氏

有本 大作氏

学卒後、 単身香港にて5年間の修行を経て、 1989年ホテル開業時より「桂花苑」にて腕を振るい、 キャリアを重ねる。 2017年4月より現職。 現在、 日本中国料理協会の支部長も務め、 その豊富な経験と知識で桂花苑の伝統を守りながら、 世界中の料理を参考に新しい感覚で華やかな中国料理を考案している。

ロイヤルパークホテルについて

ロイヤルパークホテル外観

ホテルは、 地上 20 階、 地下3階、 客室 419室、 1000平方メートル を誇る宴会場を備え、 お客様の幅広いニーズにクオリティの高いサービスを提供するグランドホテルとして、 1989 年に開業。 「食のロイヤルパークホテル」として、 国賓や世界のVIPを接遇する大宴会や婚礼、 直営レストラン・バーを手がけ、 洋食・和食・中華・ベーカー、 ペストリー、 各セクションのシェフが交流し、 新しい感覚で料理を追求している。

「本年6月に開業30周年を迎え、 これからも『CHIC TOKYO STAY~粋な街の、 意気なおもてなし~』をコンセプトに、 新旧が交差する街、 東京・日本橋に位置するホテルとして“粋で洗練されたおもてなし”で皆さまを迎える」と同ホテル。

【所在地】〒103-8520 東京都中央区日本橋蛎殻町2-1-1
【Phone】03-3667-1111(代表)【URL】 https://www.rph.co.jp/

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ