楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

球磨川氾濫の人吉市 宿泊施設も27軒中25軒で床上浸水

20/07/06

熊本県を襲った記録的豪雨で7月4日、球磨川が氾濫した熊本県南部の人吉市周辺では、宿泊施設も大きな被害を受けている。

熊本県ホテル旅館組合では西上佳孝理事長(熊本市中央区・旅亭松屋本館)が5日、被災状況を確認するため現地を訪れた。

人吉市内には23軒、上球磨地区には4軒の組合員施設があり、このうちやや標高の高い場所に位置する2軒を除き、すべての施設で床上浸水などの被害があった。ただ、宿泊客や従業員、経営者の負傷などは報告されていない。

同事務局の林田祐典事務局長は、西上理事長の話として、「ほとんどが床上浸水、しかも、軒先まで水に浸かった旅館も多かったと聞きました。市内では避難所が設けられていますが、被災者を宿泊施設で受けいれられる状況にはありません」と電話取材に答えた。

現地は、電話が通じない宿泊施設も多いと言う。6日午後も断続的に激しい雨が降っている。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ