楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

球磨川氾濫の人吉市 宿泊施設も27軒中25軒で床上浸水

20/07/06

熊本県を襲った記録的豪雨で7月4日、球磨川が氾濫した熊本県南部の人吉市周辺では、宿泊施設も大きな被害を受けている。

熊本県ホテル旅館組合では西上佳孝理事長(熊本市中央区・旅亭松屋本館)が5日、被災状況を確認するため現地を訪れた。

人吉市内には23軒、上球磨地区には4軒の組合員施設があり、このうちやや標高の高い場所に位置する2軒を除き、すべての施設で床上浸水などの被害があった。ただ、宿泊客や従業員、経営者の負傷などは報告されていない。

同事務局の林田祐典事務局長は、西上理事長の話として、「ほとんどが床上浸水、しかも、軒先まで水に浸かった旅館も多かったと聞きました。市内では避難所が設けられていますが、被災者を宿泊施設で受けいれられる状況にはありません」と電話取材に答えた。

現地は、電話が通じない宿泊施設も多いと言う。6日午後も断続的に激しい雨が降っている。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ