楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

海軍と自然と筆―独自の文化を周遊 広島県呉市・江田島市・熊野町

17/12/01

広島県から2017くれマリンクイーンの松浦沙友里さん、江田島さくらプリンセスの松浦未来さん、第16代ふで娘の井ノ下千夏さん、呉市観光振興課の森川英司さんが来社。呉市、江田島市、熊野町の観光PRを行った。

呉市は昨年4月、神奈川県横須賀市、長崎県佐世保市、京都府舞鶴市とともに「日本近代化の躍動を体感できるまち」として日本遺産に登録された。4市とも鎮守府が置かれ、呉市にも旧庁舎や海軍工廠の工場跡などが残る。この秋にも期間限定で、普段は公開されていない地下作戦室などを見学できる特別企画が行われた。

また、呉市の人気スポット「大和ミュージアム」では、海底に沈む戦艦大和の潜水調査の成果を展示する企画展が行われている。当初11月までだったが好評のため、来年3月まで延長して開催することが決まった。

松浦さんは「日本遺産の4市を周遊するスタンプラリーもやっています。回った都市数に応じて、抽選でピンバッチやブローチなどオリジナルグッズが当たります。呉の海自カレーをはじめ各都市ではユニークなグルメもあります。呉市をスタートに、ぜひ巡ってみてください」。

江田島市も旧海軍兵学校(海上自衛隊第一術科学校)で知られるが、近年は体験観光に力を入れている。春のイチゴ狩り、夏の海水浴やSUP体験、秋から冬にかけてのミカン狩り、牡蠣打ち体験など四季を通してメニューがそろう。

松浦さんは「オリーブの栽培も盛んで、昨年夏にはオリーブファクトリーがオープンしました。パスタやピザが楽しめるレストラン、オリーブオイルの加工販売なども行い人気施設です。島では常識の『だし道楽』の自動販売機も話題です」。

熊野町は、先日来日したトランプ大統領の長女イバンカさんに安倍首相が贈った化粧筆「熊野筆」でも話題になった。筆づくりでは断トツのシェアを占め、筆によるまちづくりも盛んだ。

井ノ下さんは「来年町制100周年を迎え、筆をテーマにしたイベントを予定しています。秋の筆まつり、3月20日の筆の日には全国からたくさんの方がお越しになられます」。

最後に、森川さんは「今年10月に世界記憶遺産に選ばれた『朝鮮通信使』の地で、呉市の下蒲刈島はもっとも当時の面影を残していると自負しています。話題豊富な我々の圏域をぜひ注目してください」とアピールした。

広島県呉市江田島市熊野町の皆さん

広島県呉市・江田島市・熊野町の皆さん

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ