楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

11月末まで「幕末明治福井150年博」開催中 福井県

18/05/31

福井県観光営業部の五十嵐昌子さんと山田輝雄さんがこのほど、トラベルニュース社大阪本社を訪れ、明治維新から今年150年を迎えたことを記念して11月30日まで福井県で開催中の「幕末明治福井150年博」をアピールした。

同博では福井県立歴史博物館と福井市立郷土歴史博物館をメーン会場に幕末から明治にかけて活躍した福井藩主の松平春嶽公や福井藩士の橋本左内、由利公正ら先人にまつわる本物の書状など貴重な資料を展示。

また33の地域会場では先人の足跡や当時の産業、文化をテーマにした企画展を開き、地域の魅力を発信するイベントを行う。

「博覧会の期間中、2つの博物館では特別展や企画展、写真展などが開かれ、貴重な資料をご覧になれます。合わせて昨年オープンしました越前古窯博物館にもお立ち寄りいただき、平安時代からら現代に至る越前焼の資料をお楽しみください」と五十嵐さん。

山田さんは「福井といえば日本有数の恐竜化石の産地です。黒川紀章さんのデザインによる恐竜博物館は世界三大恐竜博物館の一つとして評価されています。7月から10月まで日本初公開の実物化石を含む多数の標本を展示する特別展が開催されますので、ぜひこちらもお訪ねください」。

福井県のお2人

福井県のお2人

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ