楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

世界初の旅行業の破たん

19/10/10

世界最初の旅行代理店とされるトーマス・クックの破たんを9月末、世界のメディアが一斉に伝えた。情報によると同社の年間利用客は2200万人で、今回の破産による予約キャンセルは百万人と推定され、同社を利用して外国旅行中だった英国人は15万人にも上るという事態になった。この事態を重視した英国政府は国金を使ってチャーター機を飛ばし、旅行中の帰国難民を助ける「救出作戦」を実施するという騒ぎにまで広がった。

英国の旅行業界にも広く影響が波及していると思ったが、英国旅行業協会(ABTA)によると「衝撃はあったが、今回の破たんは企業固有の事情によるもの。英国の旅行需要が落ち込んでいるというものではない」と述べ、他の旅行会社には波及することはないと断言している。

このニュースを聞き「日本の旅行業もやがて同じ末路をたどるのではないか」と危機感を持った人がいるかもしれない。OTAの台頭、航空会社の包括運賃の改革など業界を取り巻く環境は厳しい。

しかし、今回のニュースで「企業の倒産や破たんは新しい時代を迎える新陳代謝になって、ちょうどいい」と発言していたエコノミストがいた。現場の一線で働いているものを愚弄した発言だろう。この発言に奮起し見返したい。

(トラベルニュースat 19年10月10日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ