楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

自粛から粛々とリスタート

21/06/25

10都道府県で発令されていた緊急事態宣言が6月20日、沖縄を除く9都道府県で解除された。21日から北海道、東京都、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県では「まん延防止等重点措置」に移行した。気分的にいくらか軽くなり、周囲の雰囲気も少し変わったように思う。

それを「緩み」といって諫められるのはわからなくもない。ただ、一年以上この状況に置かれてきた多くの国民はどう振る舞えばいいのかは大体察しがつく。特に観光業界は、飲酒と同様に感染源のような扱いを受けてきたことで「安心安全な旅」の確立に注力してきた。ひと月あまりのイベントと違って、この先もずっと続く生業だからだ。

一部でGo Toトラベルキャンペーンの再開を期待する声が早くも挙がるが、一方で「せっかく旅行に出かけてもいい雰囲気を大切にしたい。Go Toトラベルはコロナウイルスをまん延させる悪の権化になってしまった。違った形で我々の支援策を考えてほしい」という声も聞く。

大手旅行会社が出すツアーの新聞広告は7月からの出発分の反響が大きく、中小旅行会社も少しずつ顧客の動きが出てきたという。徹底した感染症対策を実施しながら、自粛の世から粛々と「安心安全な旅」を提供するリスタートをしよう。業界挙げて前向きに進みたい。

(トラベルニュースat 21年6月25日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ